<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小雨の笠取山、風情がありました。

2ヶ月前に決まってから 晴れを祈ってました。
バスをチャーターして、八王子 集合、空模様は怪しかった。

勝沼IC~登山口の作場平へ、
駐車場は一杯でしたが、何とか確保、9時45分スタートです。
メンバーは♂5 ♀6 11名です。

湿った空気が心地よい、 新緑に深呼吸!
d0000031_18151177.jpg


d0000031_18153487.jpg


ゆっくりスタート、呼吸を整えます。
d0000031_18162737.jpg

多摩川の水源 登山道は整地されて、歩きやすい、ブナの林を通り抜ける頃から
小雨が・・足元が安全なので、傘をさして・・私は合羽着用。

ゆるゆる歩いて行くうちに、笠取小屋に到着、手前の天然水で喉を潤す。

d0000031_18201741.jpg

小屋の前では他グループが食事、私達も昼食タイム、40分。

さ~笠取山 頂上へGO~。
雨は止んだけど、どんより空です。

笠取山を正面に見て、 曇天なので、はっきりしません。
d0000031_18243125.jpg

直登しないで、右の巻き道、水干を行きます。
素晴らしい景色が広がって・・・・感激!

d0000031_18261171.jpg


多摩川の水源 源頭です、 ポトン ポトンと雫が。
d0000031_1827191.jpg

右は急斜面 怖い(笑)  左の斜面に黄色い花・・珍しい キイロスミレです。

d0000031_1828327.jpg

シャクナゲはもう~終わってましたが少し 残っていた。

d0000031_18292832.jpg


新緑にツツジが鮮やか。
d0000031_18301324.jpg


d0000031_1831633.jpg

シャクナゲが咲く場所は急斜面が多い、 平坦だったのに、急に段差の岩が続きます。
滑る岩肌に注意、 気が付けば笠取山頂上(埼玉県側)

d0000031_18325836.jpg

頂上を過ぎて、岩 段差 を越えると、今度は山梨県側の頂上です。
風が弱かったので助かりました。

d0000031_18343613.jpg

ガスが下から上がってきます。

d0000031_1835136.jpg

急斜面を下ります、 分岐で 分水嶺に向かって登る。

d0000031_18361234.jpg

笠取小屋まで戻って、20分のお茶タイム・・・優雅でしょう! (笑)

お茶でほっとして、作場平へ下山、帰りは緩やかな山道、
今日はこういう丸太橋を渡る事が多かった、最後です。

d0000031_18381049.jpg

苔大好きさんが大喜びの苔庭。

d0000031_18394316.jpg

スタートからゆっくり 景色を楽しみながらの歩きは、
膝にダメージをかかえる私には助かりました。

下山後、勝沼IC~ 大渋滞に巻き込まれたのは、残念でしたが、
撮影の方法を伝授されたり、楽しい山行でした。

秋にまた・・・来ましょう! 一同 同じ気持ちでした。
[PR]
by kuro098 | 2011-06-20 18:40 | アウトドア | Comments(2)

アルピニストの気分が味わえた 朝日岳ー三本槍岳。

那須最高峰の三本槍岳1916m 朝日岳 楽しい山行でした。

那須ICで降りて、那須岳山麓 駐車場からスタート8時50分、
朝日岳ー清水平湿原ー三本槍岳ー北温泉分岐ー中の大倉尾根ー北温泉が、
今日のコース 下りが長いです。

見通しの良い 登山道、遠くに これから登る朝日岳が見えます。

平日なのに、登山者のグループが多い、
口々に 暇な人が多いね~、私達も。(笑)
d0000031_16461995.jpg


最初のポイント、避難小屋まで40分。

d0000031_16463557.jpg

小屋の左手に 茶臼岳 噴煙が・・。

d0000031_16474554.jpg

朝日岳に向かいます。
右手は今 歩いてきた稜線がはっきりと見えます、左手は・・。

d0000031_1651233.jpg

雪渓、滑らないように・・気を付けて。

d0000031_16522150.jpg

左手の山肌に 紅白のイワカガミ 揃い踏み!

d0000031_16532684.jpg


d0000031_1735812.jpg


岩を登っていると、綺麗な声・・ひばり?
ズームで撮ってみたけど、ピンボケ。 

d0000031_176105.jpg

登ります・・登ります、意外とスムーズ。

d0000031_17869.jpg


岩場アリ、くさり場アリ、
リーダ曰く この程度なら鎖は必要ないけど、
日によって、下からの吹き上げ風が凄いらしい。
d0000031_1795413.jpg

朝日岳をのぞむ 分岐、
体力消耗したくない組はザックを降ろして、頂上へ向かいます。
頂上迄は急傾斜だけど、登りやすい、頂上は狭くて、
気が付いたら 証拠写真はこれだけ。

d0000031_18265457.jpg

分岐まで戻って 三本槍岳に向かいます。
振り返って、あの朝日岳が遠くに。

d0000031_18285629.jpg

清水平湿原をひたすら歩く。

d0000031_18342627.jpg


背丈程の熊笹を抜けると、 ムラサキツツジ。
d0000031_18354578.jpg

頂上はすぐと思うのに、なかなか・・・ようやく先頭から着いたよ~  三本槍岳頂上です!

d0000031_1837928.jpg

本当に眺望 抜群、人気のお山です。
私達17名の他、5グループが食事、 遠くに猪苗代湖もぼんやり。

今日は下りが長いので、用心の為 先日山屋で購入した膝サポーター着用、万全です。

登りの時に目をつけていた シャッターチャンス。(笑)

d0000031_18402718.jpg


シャクナゲ。
d0000031_18404730.jpg

頂上から北温泉分岐まで戻って、長い中の大倉尾根を下りますが、
滑り止めの為か、荒い編み目の針金が怖い。
ようやく・・終わって、待望のブナの林の通り抜けです。
ブナの林が好きな私は 膝の痛みも薄れる程 感激の歩きになりました。

白い清楚な花、ツツジ?
ゴヨウツツジ 葉が5枚からと言うことですが、
後で 愛子さまのお印がゴヨウツツジ (御用ツツジ 納得)

d0000031_18513598.jpg


d0000031_18515790.jpg

ブナとゴヨウツツジの豪華共演。

d0000031_18525118.jpg


d0000031_1853617.jpg


d0000031_2241777.jpg

山を彩ってくれた可憐な花々。

d0000031_1952046.jpg


d0000031_195358.jpg

帰りのバスでも今日の山の楽しさに一同 盛り上がりました。
前半は山の楽しさを実感させてくれて、後半 ブナ林の ゴヨウツツジとの共演は圧巻でした。
心配していた膝も なんとか持ってくれて、無事ゴール出来て ほっとしました。

また、行きたい山の一つになりました。
[PR]
by kuro098 | 2011-06-16 16:39 | アウトドア | Comments(2)

庭にアゲハチョウ。

猫の額の庭に 蝶々が訪れます。

ハーブが多いせいか、蜂もよく飛んでますが、
大好きなシクラメン も全部 青虫にやられてしまって・・
蝶はそのお返しでしょうか?

7年前に逝ってしまった妹の命日がやってきます。
彼女は何かあると・・・蝶々って言ってましたから。

今日の蝶は妹が戻ってきたのかも?
携帯で撮ったのに  よく撮れました。
d0000031_16172519.jpg

[PR]
by kuro098 | 2011-06-13 16:13 | 草花 | Comments(0)

高尾のセッコク 今が満開!

セッコクの時期になりました。

梅雨の晴れ間、行ってきました。

清滝 7時半スタート、6号路です。
びわ滝 過ぎて、セッコクのポイントに到着。

去年は300mm望遠 持って行ったのにピンボケ、
ネットで知ったP社 26倍ズームの登場です。

d0000031_1846948.jpg


d0000031_18463184.jpg

26倍、思い切りズームにすると、震えて 画像が落ち着かない。
セッコクは薄ピンク  あと1週間は大丈夫。

6号路 緑の癒しです。 
d0000031_18503013.jpg

かがんで撮影されている女性が、イナモリソウ 小さい花です。

d0000031_18514336.jpg


疲れたので周りの緑でホット。
d0000031_1852379.jpg

大好きなウツギ
d0000031_18543376.jpg

裏高尾入り口でUターン、
先日、買った 膝のサポーターを着けて 試し歩きです。
稲荷山コースを下りますが、今日は遠足が多い、

ノイバラ
d0000031_18595799.jpg


今日のワンちゃんは大好きな柴君です。
d0000031_19114584.jpg


予定通り、10時半に清滝に 、 ベンチでストレッチ、
登山者が増えて来ました。
[PR]
by kuro098 | 2011-06-10 18:46 | アウトドア | Comments(0)

大峠山・源氏山 は花の山です。

大峠山 1907m 源氏山1827m、
シロハナイワカガミ  ツバメオモト を見ながら歩きました。

県民の森まで いつものチャーター バスで、丸山林道は、
バスでは無理なので、タクシーを予約 登山口まで、
小雨が降っていたのに、登山口に着いたら ピーカン!
メンバーは21名、大所帯です。

源氏山登山口 にお目当てのシロハナイワカガミが!
d0000031_11431338.jpg

スタートから楽しさでわくわく ♪
ゆるゆるな登りが続きます、足元にはスミレが多数。

d0000031_1146166.jpg


シロハナイワカガミ   ツバメオモト タチツボスミレ マイズルソウ 
シロバナエンレイソウ オオカメノキ
名前が? 小さい山花もAKB48 じゃないけど 群生だと華やかでした。
d0000031_1149660.jpg
    
d0000031_11495758.jpg


d0000031_11505772.jpg


d0000031_11515643.jpg

ゆるい登りですが、足元が柔らかくて 石ころ 根っこ 不安定。

d0000031_11544465.jpg


d0000031_11555441.jpg


d0000031_1156725.jpg


d0000031_11562185.jpg

大峠山分岐~源氏山へ一気!
雨が降ったり 止んだり、晴れていたら遠くの南アルプスが望めるのに・・残念。
源氏山 頂上で お昼。

d0000031_1159762.jpg

落ち葉に座って お昼、見上げると ダケカンバ ブナの葉が美しい。

d0000031_1201162.jpg

会の昼食タイムは20-30分、メンバーは慣れているので、素早い。
お昼タイム、長いと身体が冷えるので 私は良いですね。

源氏山から大峠山分岐まで急坂を下ります。
大峠山 頂上手前は意外ときつい登り・・・
頂上は殺風景、何もない。(笑)

d0000031_1231649.jpg
 

d0000031_1253982.jpg

さ~下山、 膝はOKですが、2ヶ月歩かなかった ツケで体力が心配。

下山の長かった事、膝を痛めるまでは下りは大好きだったのに、
今は恐る恐る  仲間の健脚・・・羨ましい。

大峠山 源氏山 本当に花の山です、足元は スミレ ツバメオモト シロハナイワカガミ、
撮影と歩きで 体力 消耗はしますが、
また・・・お天気の時に歩きたいです。
[PR]
by kuro098 | 2011-06-02 12:08 | アウトドア | Comments(6)