<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハイキング・コースで人気の金時山。

地元の山友の案内で箱根 金時山に行ってきました。
東京生まれなので、小学校の遠足で行った記憶?

足柄峠からスタートしました。
林道はまだ凍っていて、歩きやすいけど、 友人  帰りはぐちゃぐちゃだよ・・。
目の前に金時山が見えてきました。

d0000031_14162045.jpg

程なく最初のビューポイント 見晴台からの富士山。

d0000031_1417444.jpg

頂上への階段が続きます。 金時さんの人形が。

d0000031_14193598.jpg

頂上まで距離は短いですが・・以外と急な登りと梯子、
でも・・あっという間に頂上へ、汗ばんでいたので、身体がヒヤットします。
金時山からの富士山です。 10時

d0000031_14215214.jpg

富士山から左へ振ると・・昔、プレーした仙石GC の長いフェアウエーが見えます。

d0000031_1424380.jpg

また・・ターン 大湧谷の湯気が白く見えます。

d0000031_1425449.jpg

頂上には茶店が2件、 金時山看板の横があの金時娘で有名になったお店、
私達は違う店で小休止、 甘酒は甘い~~。

このまま、下山も面白くない・・乙女峠~下りて~金時神社へ、
金時神社~金時山頂上、変則ピストンの行程です。

途中までは雪解け ぬかるんでましたが、
半端じゃ無いほどの ぬかるみ悪路、 登山靴の底は土で盛り上がって・・
歩きにくい・・・

金時神社からターン 2回目の頂上目指し!
金時さんが宿ったと言われる 大岩。


 
d0000031_1432381.jpg

金時神社から登る方は多い、下って来る方達が多いのは驚きました。
2度目の登りは疲れます、やっと 金時山頂上、
今日 2度目の富士山にご挨拶、2時20分。
午前中は雲 一つなかったのに、景色が変化してました。


d0000031_14421245.jpg

流石に・・吹きさらしの頂上は寒い、ダウン来ても指先が冷たい。

朝、来た道、足柄峠へ下山、 下りになると急な坂が気になりますが、
今日はダブルストック・・・・楽でした。

階段終わって、ぐちゃぐちゃ林道・・・見晴台からの富士山は暗くなってました。
d0000031_1443335.jpg

東京から車で登山口までOKの金時山コースはお手軽に山の雰囲気を味わえるので、
人気もうなずけます。
冬の富士山は魅力ですが、道中・・あのぬかるみ道だけは、嫌ですね。
雪の中を歩くのよりも神経使いました。
[PR]
by kuro098 | 2010-01-25 14:46 | アウトドア | Comments(6)

雪の道志・朝日山(赤鞍ケ岳)

1月最後の定例は冬枯れの道志・朝日山(赤鞍ケ岳~二十六夜山)でした。
B 指定なのか、男性4 女性6 のパーティーでした。
道志村役場 大川渡からスタートです。8時50分。

念のためアイゼンは持参でしたが、
大丈夫と言うことでマイクロバスに置いて、出発です。
d0000031_1414583.jpg

段差はそれ程でもないけど、急登は滑る 土埃のなかを山肌にしがみつきます。
左の木立の間から 富士山が顔を出して・・元気貰います。
今日はこの見晴台からの富士山が最後でした。

d0000031_14173752.jpg

暖かくて ここでお昼にしたかったけど・・まだ 10時過ぎ 赤鞍ケ岳まで GO~
頂上は雪が積もって・・記念撮影して 次のコルへ・・

 
d0000031_14205521.jpg

ブナも・・。

d0000031_1423220.jpg

二十六夜山への分岐でお昼をすませて、雪道下ります。
右手にさっき 格闘した雪山が、あの中を 歩いて来たのだ!(笑)

d0000031_14264631.jpg

穏やかですが・・ここまで この先は 急坂 積雪のなか、アイゼン無しで下りました。

d0000031_14281135.jpg

何度もコルを越えて、ようやく二十六夜山 頂上。

d0000031_14293199.jpg

頂上から下がった広場、
ここで・・夜会 酒盛りを開いたという、伝説の二十六夜 石碑。

d0000031_14301944.jpg

雪の山道が終わると 深い落ち葉 神経使います。
ゴールの下尾崎に到着 13時20分。
[PR]
by kuro098 | 2010-01-21 14:35 | アウトドア | Comments(2)

雪の三方分山~パノラマ台 富士山

会の初例会は精進湖~三方分山~パノラマ台からの富士山です。
前の日、リーダーから 雪が降ったようだから、アイゼン 用意して!
アイゼン 初めてなので、それからはちょっと躁になりました。(笑)
数回 練習して、明日に備えます。

精進湖駐車場からスタート、すぐに精進の大杉、 見上げます。

d0000031_1519032.jpg

分岐の女坂峠までは 以外と登りがきついです。 雪道 滑る 斜面。  
d0000031_15202054.jpg

1時間35分で三方分山 頂上。 
d0000031_15241734.jpg

15名のパーティーでしたが、ここから パノラマ台組と釈迦ケ岳への縦走組に分かれます。
私は眺望の素晴らしい パノラマ台へ向かいます。
楽だと思ったら・・コブの連続 雪が靴に挟まって滑る 急坂、山は甘くない。


パノラマ台まであと・・20分。

d0000031_15294826.jpg


 パノラマ台からの眺望は 本当にパノラマ ぐるっと頭を回して・・
富士山に向かって お~~い!
d0000031_15333417.jpg

富士山を真っ正面に、お昼ご飯 美味しい。
別組から電話で 急いで下山・・・

d0000031_15345580.jpg

4時間ちょっとで 精進湖 パーキング、 最後の富士山にお別れ。

d0000031_1536441.jpg

先日も富士山はちょっと見られましたが、
地元の精進湖からの富士山は 大パノラマ、
今年、1年も良い年になりますように・・願いました。

楽しみにしていたアイゼンは未使用でした。
[PR]
by kuro098 | 2010-01-07 15:38 | アウトドア | Comments(6)

山 初めは高柄山~鶴島御前山 急下り。

Yの有志で初 歩きました。
集まったメンバーの顔を見てから?行く先が・・のミステリー登山、
会でも健脚メンバー5名と私 6名でした。

どこかと思ったら、四方津~高柄山~鶴島御前山~上野原です。
御前山からの急下りは リーダー曰く 相当なもの・・楽しみ、不安です。

四方津からTAXIで登山口  ここから2時間近く登りです。
d0000031_16493046.jpg

頂上までは嫌になるほどのUP downの連続、ピークと思うと 未だ 続きます。
フラットな尾根で一息、 山並みが綺麗。


d0000031_16544100.jpg

頂上手前は急登り、蜘蛛スタイルで山肌にへばりつきます。
高柄山頂上でお昼、風が寒い。 眼下に上野原の町が。
 
 
d0000031_16572764.jpg

鶴島御前山へ向かいます。 相変わらずの急登り 急坂 ~ 御前山~急下りのポイントで、
面白い看板が、 ゴルフ場が出来た為 急下りのルートしか無い。
地図を見てもくねくねした道、むじな沢 嫌な予感。 右が尾根から見えるゴルフ場

d0000031_17003.jpg

いつもなら・・シャッター切るチャンス ありですが、今日は無理でした。
岩の上に深い落ち葉 滑る 滑る 最後はお尻で下ってしまった・・。(笑)
あまりの緊張で、ゴールが見えたとたんに足がつってしまって・・
無事 下山できて良かった!
それでも、ベテランの方はしっかりと 見つけてくれた テイカカズラ。
高尾山でも3号路でみられるようです。

 
d0000031_1754418.jpg

[PR]
by kuro098 | 2010-01-04 17:08 | アウトドア | Comments(2)

今年も山に・・食べ物に貪欲に。

d0000031_9252614.jpg

[PR]
by kuro098 | 2010-01-01 09:25 | 健康 | Comments(4)