<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

川苔山から鳩ノ巣へ下りました。

トレッキングCのオフ会、
今回は健脚コースをうたっているので、ちょっと緊張しました。
奥多摩駅から川乗橋下車、日曜とあって増便2台がでました。
メンバーは男性4名女性5名 初顔も方も・・
d0000031_12563048.jpg
登山口から百尋ノ滝を目指します、長い林道が続いて、
渓流からのマイナスイオンが汗ばんだ身体を冷やしてくれます。
途中、クライミングのグループ 装備に目を見張りました。
d0000031_1258321.jpg
 1名メンバーが遅れて登山口手前で待ち・・
d0000031_130361.jpg
百尋ノ滝まで 小さな滝を通り抜けます。木の橋が滑って 怖い。
d0000031_1335814.jpg

ブナ好きの私には嬉しくなるようなブナ林です。
d0000031_1351568.jpg

滝までの岩場は滑って恐怖感がMAX 私の登山靴はハードな底なので、
滑りやすい・・。 滝は豪華でした。 マイナスイオンを浴びて・・肌寒くなりました。
d0000031_1372368.jpg

20分の昼食・休憩で川苔山頂上へ向かいます。
涼しい滝で休憩したせいか、脚の具合がスムーズじゃない、
高い段差は一度であがれなくてお尻を押して貰って(初体験)(笑)
ブナに包まれて元気が出ます。
d0000031_13155115.jpg


頂上までの2時間は長く感じましたが、
この眺望で疲れも吹っ飛びました。
d0000031_13165242.jpg

山の犬シリーズ、今回は駄目と思ってましたら、頂上にワンチャン、
早速パチリ!
d0000031_13192857.jpg


気分の悪い方が出たので、元気組は先に下山、鳩ノ巣駅を目指します。
d0000031_1321875.jpg

下りはゴロゴロ岩の下り、滑ります。 尾根伝いも岩が多く、植林の山中は暗いです。
健脚組、早足で下って・・ようやくゴールの神社に。
d0000031_13233722.jpg

今日は暑いせいか いつもよりも水の補給が多かった・・
喉が乾いて・・口々にビール ビール(笑)
駅前の茶店にほっとしました。 先客の生ビールに喉がごくり・・
皆さん、幸せな表情でした。
d0000031_13252972.jpg

健脚コースの川苔山は滝までの岩場が滑るのが怖かったけど、
私の脚は音を上げて無かったようです。

体調崩された方もベテランの処置で回復、下山もスムーズだったようで、
ほっとしました。
鳩ノ巣駅の反対側の鳩ノ巣渓谷へもチャレンジしたいですね~。
[PR]
by kuro098 | 2009-07-20 13:31 | アウトドア | Comments(2)

日向山ハイキング

友人の仕事関係のハイキングに参加しました。
何度か、ご一緒している皆さんとは2年ぶりでした。

この日は西武線の人身事故でスタートも大幅に遅れました。
ホームに立つと、周囲は秩父の山並み、紺碧の空が素敵です。
d0000031_13522995.jpg
駅から目の前に、日向山が見えます 633mの低山です。(上がりは388m)
d0000031_13533598.jpg
マップ
 
d0000031_13564734.jpg
ウォーキング会の方達は普段は難しいお仕事なのに、オンオフの切り替えが巧み、
可笑しい冗談が随所で笑いが絶えません。
紫陽花園の迫力には驚かされました、遠くに山肌が切り取られた武甲山が・・
d0000031_1432918.jpg
低山と馬鹿にしてましたが、なかなかトリッキーな山で、登りの急な段差が高くて、気合いを入れないと、
滑る山肌は登りがきつかったです。 眺望は素晴らしくて、頂上手前の見晴台から山並みが見渡せますが、
武甲山のはぎ取られた無惨な山肌はぞっとします。
d0000031_146318.jpg
雑木林を抜けると明るくなって・・・好きな景色が広がります
d0000031_148545.jpg
ウリボーの飼育所 ・・・これから先を思って 可哀想になりました
d0000031_14105646.jpg
この界隈は果樹園村、プラムも枝を伸ばしてました
d0000031_14114834.jpg
いつもの山行きと違って ハイキング登山はゆるい・・です、高齢者の為に休憩が随所、
休んでいるときの方が多かった・・・冗談も。

山を降りて、目の前にそそり立つ 武甲山の荒れた景色を見ながら 武甲温泉へ・・・。
山並みがよく見えます。  右端にセメントの工場が(-_-;)

d0000031_14155855.jpg

お風呂の後の宴会が愉しかったです、ビールをぐいぐい 飲んで、大笑い!
偶にはこういうハイキングも良いものです。
[PR]
by kuro098 | 2009-07-12 14:01 | アウトドア | Comments(0)

ゴボウのカツ

Lingkaranで見つけた日登美さんのレシピです。

ゴボウ大好き! 好きな食材は身体に良いとか。

ゴボウはきんぴらが定番ですが、
この ゴボウカツ 美味しいです。

友人に見せつけメールを送ったら、評判は上々・・
d0000031_14562316.jpg

短冊に切ったゴボウを ごま油で炒め煮(めんつゆで手抜き)・・・冷ましておく。
水で溶いた粉にからめ パン粉・・・きつね色に揚げる。

深い小鍋にすると油も少なくて・・面倒くさくない。
翌日、冷めても美味しい、後を引く味です。

右はゴーヤのフライ、
残ったので、斜め切り パン粉をつけて揚げました。
ゴーヤは熱が入ると、苦みも無くなりますが、ゴーヤ好きはあの苦いのが美味です。
ちょっとパン粉が多めに見えますが、それほどの量でもないです。
[PR]
by kuro098 | 2009-07-08 15:06 | たべもの | Comments(2)

小下沢林道~北高尾尾根トレッキング。

以前から小下沢林道は森林浴に最適と聞いてました。
5月に南高尾山稜を歩いたので、北も挑戦したかった・・
やっと実現、健脚のHさんとの道中です。
高尾駅からバス待ち時間が40分・・・TAXI奮発しました。(¥1430)
日影沢バス停から少し歩きますから、ガード迄。7時45分スタート
d0000031_928072.jpg

林道入る手前は梅園、春先は見事だそうです。
目の前に山が迫ってくる感じ、左手の渓流からのマイナスイオンを感じます。
d0000031_9312336.jpg

30分程歩いて、旧キャンプ場広場、ここから北尾根へ登り開始。
d0000031_9345692.jpg

急登りとは聞いてましたが、30分は登りの連続、 ようやく北尾根の分岐点に。
d0000031_9374937.jpg
時間があったので、右の巻き道の様な方へ入ってみました。
自然一杯、鳥の声も騒がしく私達に堪えてくれます。ヤマアジサイが満開。
d0000031_9423691.jpg
引き返して北尾根へ、
お腹も空いてきたので、杉の丸山で昼食、食欲が無い・・温かい卵スープが美味!
狐塚峠までの急坂は息が入る暇が無いです・・苦しい。
d0000031_9462114.jpg


関場峠までは登りの連続、健脚のHさんはスタスタ・・私はへろへろです。
途中ですれ違った陣馬からの人、大変ですね~

d0000031_9563483.jpg

堂所山 dodokoroyama 迄は大好きな林に包まれて気力 回復です。
d0000031_9582448.jpg

堂所山を過ぎて、底沢峠 陣馬からの登山者が急に増えます。
陣馬まで行く予定でしたが、健脚Hさん ここで下ろう~~♪ 陣馬高原下へGOです。
下りとなると急に元気がでます、 トレイルラン紛いに早足・・・・
d0000031_1033858.jpg

陣馬高原キャンプ場を過ぎて、バス停まで 20分弱、13時15分。
13時40分の高尾行きを待つ間、ビールを飲んで一息入れました。
北高尾山稜の絶え間ない登りは きついですが・・トレッキングには最適、
学習しました。
28000歩  2万歩オーバーすると、私の体力は低下するのでギリギリでした。

 
[PR]
by kuro098 | 2009-07-06 09:46 | アウトドア | Comments(4)

五反田で美味しい中華屋さん見つけました!

TOCでスポーツウェアーのバーゲン、雨の中行って来ました。
五反田で降りるのは本当に久しぶり、街も様変わりしてます。
気のあった仲間と4人、おしゃべりしながらTOCへ・・・
13Fの会場は長蛇の列です、11時オープン 静々と並んで入場・・・
凄い熱気! 待ち合わせの1時間はあっという間に過ぎて、
戦利品を何度もチェック、あ~散財。

お腹も空いて、友人 ご贔屓の中華屋さんへGO~
駅からすぐの裏通りへ入った 悟空です。
d0000031_8415531.jpg

メニューは友人にお任せ、
次から次へいい味してます。 生ビールもすすみます。
クラゲの頭の冷菜・蕪の甘酢・蒸し鶏
海老の湯葉巻き
ハモの中華ソース
空心菜の炒め 絶品

d0000031_8423460.jpg

中華風海鮮巻き
肉団子のホワイトソース
炒飯
デザート@マンゴープリン・ 杏仁豆腐・白玉団子(餡)

d0000031_8425487.jpg

5名で¥13000 私と一人はがぶ飲みでした・・。(-_-;)

秋には上海カニを食べに来よう! 全員賛成!
愉しいランチでした。

悟空  03-3779-5900
[PR]
by kuro098 | 2009-07-03 08:46 | たべもの | Comments(0)