厄払いに高尾山で護摩を焚いてもらう。

d0000031_9244893.jpg 退院して、未だ完調じゃないにに、母がリューマチの気配。一緒に生活していて 健康なら穏やかな毎日だけど、痛い 痛いの声と顔を見ていると 私まで病に冒されそうで・・・
登山はきついけど、気分転換に高尾山に行って 護摩を焚いてもらいました。

いつもなら清流の6号コースだけど、高尾山通の友人のアドバイスで鳴滝から岩 ゴロゴロの急坂を登るコース、表参道に出るまで30分 だったけど、汗びっしょり・・・疲れた~~~

薬王院で護摩の申し込み、健康登山証にスタンプ、記録をみたら 去年の10/25 から登ってなかった。


護摩の時間まで 頂上 往復、せっかくの御山ももやで何も見えない。
登山道ももやっていて、前に行く人がぼんやりでしたから、深山・・・そのままです。

護摩を焚いて貰って すっきり、帰りは無理をしないでリフトで・・・
誰も居ない、貸し切りリフトでした。  13194歩  帰りはリフトでしたから歩数が少ない。
[PR]
by kuro098 | 2006-06-15 09:43 | アウトドア | Comments(0)
<< ジッパー袋で梅干し漬け 法事の後のお楽しみ会席は うな... >>