イワウチワの大群落の花瓶山。

d0000031_1741468.jpg

雪に悩まされた1月~2月・・ようやく花に会える会山行です。

イワウチワの大群落で 最近話題の花瓶山、
瓶の中に花が一杯の山名 と思いました。

矢板ICで降りて大田原市~登山口のうつぼ沢出会。
マイクロバス ドライバーさん 気の毒な細道でした。

登山口に朝露に濡れたカキオドシ。
d0000031_17424972.jpg



d0000031_1743948.jpg

登山道に入ると・・お目当てのイワウチワ が咲いてます。
驚くほどの群落でした。



d0000031_17445735.jpg



今日の撮影は体力使います、屈んで~立って。
d0000031_1746048.jpg



d0000031_17461619.jpg



イワウチワは何度も見てますが この山は凄い!
ちょっと感動してました。

d0000031_18201640.jpg




イワウチワの次はカタクリ。

d0000031_17473628.jpg


カタクリには苦労しました、良いショットが無い。
d0000031_17535889.jpg


花瓶山頂上、少し下った先にタローブナ ジローブナがある・・。
ブナ好きなので・・行ってみましたが、途中で引き返し、
タローもジローも朽ち果てているとか・・。

d0000031_17562637.jpg


頂上でお昼、昨夜 作った筍ご飯が美味しい。


下山はリーダー好みの薮こぎ・・。

登山道は折れた小枝が凄い、歩きにくい。
コブを登って 下っての繰り返し・・撮影時に屈んだり立ったり の体力浪費が、
出てきます。 文字通りの薮こぎが続く~~。
枝が顔に当たって痛い。

尾根に出て ほっとしました、足もとにイワウチワがあるので、
踏まないように・・。


d0000031_1824463.jpg


斜面の伐採の木の多さに驚きましたが、
木がないせいか、吹き始めた突風  30m はあった?
細身の私は風に煽られて・・・木の根元にかがみ込みました。

細尾根を風を気にしながら、イワウチワを踏まないように、
神経使います。

ゴール手前は滑る 段差 (笑) 可笑しくなった。


先に降りていたメンバーが ショウジョウバカマが咲いている!

 
d0000031_1871779.jpg


迷わなければ ここを降りてきたはず。
両脇にショウジョウバカマが咲いてます。
d0000031_1884748.jpg



マイクロバスが待っている 如来まで ニリンソウ アズナイチゲが風に揺られてました。

d0000031_1810283.jpg



花の山歩きは嬉しいけど、体力使います。
グループだと、メンバーに迷惑かけられないので、早シャッター、
追いかけ・・ての繰り返し、帰宅してPC でピンボケにがっくり・・。

それでもやはり花の山へは行きたい!

帰りの立ち寄り湯、浴槽で手足伸ばして~~疲れとれました。

行動時間 6時間半。(予定は5時間10分)






[PR]
by kuro098 | 2017-04-20 17:52 | アウトドア | Comments(4)
Commented by gamachan at 2017-04-20 20:50 x
お疲れ様。華の様子より疲れっぷりの記述がリアルで生き生きしていましたよ。(笑) イワウチワ、すごいですね。早く山に登りたい。
Commented by nousagi at 2017-04-21 14:01 x
やっぱりすごい花の山ですね。
今年計画していたのですが、雨天中止になりました。
せっかくの花の山ですから、写真撮らないではいられないですよね。
Commented by kuro098 at 2017-04-21 15:15
☆gamachan さん、
前半は気持ちよく、後半は迷い道 ヤブ、
4時間は嫌になりました。
楽しいところで・・下山でも良いのに、
長く歩きたい人との共存は大変。 (笑)
Commented by kuro098 at 2017-04-21 15:18
☆nousagi さん、
イワウチワの群落 噂 通りでした。
お見事!って 思いました。
ゴール前の足もと悪い所にも 咲いていて、
よけながらの歩行は気を遣いました。

小さい花の撮影は体力使います、
デジイチは重すぎるし・・コンデジでは難しい。

<< 南高尾のニリンソウ群性に感動! バスツアーに行ってきました。 >>