花崗岩の岩峰 瑞牆山は面白い。

Wikipediaによると、
瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、
奥秩父の山域の主脈の一つ。
「瑞牆」とは神社の周囲の垣根のこと。日本百名山のひとつ。
山名の由来は、山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する。


瑞牆山は行ってみたい山のひとつでした。
笠が岳の時に痛めた脚が心配でしたが、
テーピング ばっちりとしました。

須玉ICで降りて、小川山林道から 登山口に到着。
今日は不動滝~瑞牆山~富士見平小屋~瑞牆山荘のコースです。
d0000031_9305633.jpg

渓流に沿って 登っていきます、川からのマイナス・イオンが心地よい!
こういう丸木橋を何度も渡って・・木も朽ちているので、滑りやすい。

d0000031_933977.jpg

巨大な岩を通り過ぎて ・・・
d0000031_934569.jpg

最初のポイント、不動滝、 岩に沿って落下する 以外と静かな滝です。

d0000031_936322.jpg

登りも中盤になって・・蒸し暑さと疲れが・・・滑ります。

d0000031_9374942.jpg

頂上手前はロッククライミング状態、こういうの好きです。
ぱっと開けた頂上・・。時節柄 子供の姿が多い。

d0000031_9402390.jpg

リーダー、岩は滑る、端に行かないで! 気を付けて!
恐る恐る 覗きこむ 凄い眺め!

d0000031_9434551.jpg

周りを眺めながらのお昼は楽しい ♪
今日のメニューは 山に入ると食が細くなるので、 先輩の薦めで そーめんです。
氷水を浸して 麺つゆ 梅干し ミョウガのトッピング、
なかなかいけますよ。


下山、富士見平小屋目差します。
登山者の多くは このコースから登るとか、 急下り 岩  ロープ、
下から登ってくる人が多い、人気のお山です。

富士見平から 瑞牆山を・・・あの山を登った~~。

d0000031_9502590.jpg

左の山がこれ・・

d0000031_951530.jpg

富士見平小屋の周りは山ふきの花が満開。

d0000031_9531489.jpg

下っている途中で ロッククライマーが休んでました。
あの・・凄い岩を登ったのだ・・畏敬の眼差し。
愛犬 熊ちゃんも凛々しい。

d0000031_955378.jpg
 
瑞牆山は登山を満喫できます。
人気があるのも分かったような・・・。

花が少ない山中で 目についた清純派。

d0000031_9573620.jpg

立ちより湯で汗を流していたら、ゲリラ豪雨 凄い勢い。
山を降りてからで良かった。
ただ・・帰りの高速は お盆渋滞がまだ続いてました。
[PR]
by kuro098 | 2010-08-19 08:05 | アウトドア | Comments(4)
Commented by Yokohamabaron at 2010-08-19 11:10 x
この時期はちょっと暑いでしょうね。
この山は秋の紅葉時期が好きです。昨秋、女房と上りました。
富士見小屋のこわ~~い話知っていますか?
Commented by kuro098 at 2010-08-19 17:02
☆yokohamabaronさん、
そう~ですね、登りも沢を渡ったり 良いですが、
紅葉の頃の方が 瑞牆山も見えたかも。

怖い話、検索で読みました。
山男に 恥じる行為ですね。
Commented by nousagi at 2010-08-19 21:15 x
暑かったでしょう?
ソーメンは茹でて持っていったのですか?
山の上でソーメンなんて考えたことなかったですが
食が進みそうですね。
Commented by kuro098 at 2010-08-20 05:45
☆nousagiさん、
スタートして川沿いだったのは助かりましたよ。

そーめん 茹でて 凍った水を入れて 食べます。
カップに汁を なかなかいけますよ。
半分残しましたが(笑) 


<< ゴーヤが実った、 その2。 高尾山 自然園のレンゲショウマ。 >>