ハイキング・コースで人気の金時山。

地元の山友の案内で箱根 金時山に行ってきました。
東京生まれなので、小学校の遠足で行った記憶?

足柄峠からスタートしました。
林道はまだ凍っていて、歩きやすいけど、 友人  帰りはぐちゃぐちゃだよ・・。
目の前に金時山が見えてきました。

d0000031_14162045.jpg

程なく最初のビューポイント 見晴台からの富士山。

d0000031_1417444.jpg

頂上への階段が続きます。 金時さんの人形が。

d0000031_14193598.jpg

頂上まで距離は短いですが・・以外と急な登りと梯子、
でも・・あっという間に頂上へ、汗ばんでいたので、身体がヒヤットします。
金時山からの富士山です。 10時

d0000031_14215214.jpg

富士山から左へ振ると・・昔、プレーした仙石GC の長いフェアウエーが見えます。

d0000031_1424380.jpg

また・・ターン 大湧谷の湯気が白く見えます。

d0000031_1425449.jpg

頂上には茶店が2件、 金時山看板の横があの金時娘で有名になったお店、
私達は違う店で小休止、 甘酒は甘い~~。

このまま、下山も面白くない・・乙女峠~下りて~金時神社へ、
金時神社~金時山頂上、変則ピストンの行程です。

途中までは雪解け ぬかるんでましたが、
半端じゃ無いほどの ぬかるみ悪路、 登山靴の底は土で盛り上がって・・
歩きにくい・・・

金時神社からターン 2回目の頂上目指し!
金時さんが宿ったと言われる 大岩。


 
d0000031_1432381.jpg

金時神社から登る方は多い、下って来る方達が多いのは驚きました。
2度目の登りは疲れます、やっと 金時山頂上、
今日 2度目の富士山にご挨拶、2時20分。
午前中は雲 一つなかったのに、景色が変化してました。


d0000031_14421245.jpg

流石に・・吹きさらしの頂上は寒い、ダウン来ても指先が冷たい。

朝、来た道、足柄峠へ下山、 下りになると急な坂が気になりますが、
今日はダブルストック・・・・楽でした。

階段終わって、ぐちゃぐちゃ林道・・・見晴台からの富士山は暗くなってました。
d0000031_1443335.jpg

東京から車で登山口までOKの金時山コースはお手軽に山の雰囲気を味わえるので、
人気もうなずけます。
冬の富士山は魅力ですが、道中・・あのぬかるみ道だけは、嫌ですね。
雪の中を歩くのよりも神経使いました。
[PR]
by kuro098 | 2010-01-25 14:46 | アウトドア | Comments(6)
Commented by Yokohamabaron at 2010-01-25 15:10 x
晴れて暖かいと霜がとけてぬかるみが多い季節ですね。
土曜日には大山からは見えなかった富士山バッチリですね。
私は5年前に足柄駅から登って金時神社まで行き箱根に降りました。
Commented by kuro098 at 2010-01-25 16:51
☆yokohamabaronさん、
ぬかるみ 嫌ですね~ おろし立ての靴が真っ黒、
履いてきて失敗でした。
金時茶屋、 イメージと違って・・五月蠅そうな雰囲気でした。
金時 頂上から 登って下って コースも色々あるそうですね。
Commented by lalala-oga at 2010-01-25 18:56
光の当たり具合や気温や角度で、富士山も違う表情になりますね。
5枚目の、登山客(お仲間かな?)の写真が
リアルに山を歩いてる感じがよく出てますね。
寒い中で汗をかくと、風邪が心配ですね。なんともないといいですが。
Commented by kuro098 at 2010-01-25 19:10
☆lalala-ogaさん、
どこからみても美形の富士山は凛としてますね~。
ゴルフ やっているので、眼下に広がる フェアウエーに、
目がいきます。 大箱根だと思いますが、長くて・・
苦労しました。
山に入るとインフルは吹っ飛ぶ免疫があるって・・聞きましたよ。(笑)
Commented by Tiller at 2010-02-02 21:48 x
沢山の富士山をありがとうございます。
本格的な山登りってしたことがないのです。
装備も全く持っていません。
でもこんなに素敵な景色はみていみたい~♪
Commented by kuro098 at 2010-02-05 18:57
☆Tillerさん、
亀レス、ご免なさい。
山にすっぽりはまってます、山インフルというとか。(笑)
空気が良いから 気持ちがいいのでしょうか?
同じ会の九州出身の方、初めて富士山 見たとき・・
あの・・氷の山は何?って思ったそうです。
<< 雪の御正体山、アイゼン デビュ... 雪の道志・朝日山(赤鞍ケ岳) >>